桧・杉などの国産材と漆喰の塗り壁の雨楽な家の建築事例や入居者宅実例。土間や吹き抜けやロフトのある雨の日も楽しい無垢の木の家。長久手・瀬戸・日進・名古屋の木の家の建築事例。

日進市 S様邸 建主がワクワクする古民家の味わいを楽しむ家 ■施主様からのコメント 築28年の家を建替えようと住宅メーカーの展示場を見てまわりましたが、どうもぴんとこない。私は元家具職人で手仕事を大切にする無垢の木の家にこだわっていたので、塩ビを貼った集成材の家に抵抗がありました。「雨楽な家」を見て一目惚れ。「私の家はこれだ」と直感しました。 S様邸の特徴は、無垢材の柱や梁・床・天井・建具を自然塗料で黒く塗装して民芸調に仕上げたことです。瓦葺きの上品な切妻屋根の深い軒の陰影、数寄屋の技をさりげなく魅せた和テイストの外観スタイル。外観の白と黒と赤の配色は室内にも活かされています。壁の漆喰・障子の「白」、柱や床の木部の「黒」、家具やクッションなどの小物を「赤」にしたメリハリのある配色。手仕事を大切にする元家具職人の施主様こだわりの「雨楽な家」です。
リビングも和室も昔から住んでいるみたいな心地よさです。 前の家のお気に入りの雪見障子を新居でも再利用。うまく馴染んでいます。 こだわりを感じる赤の家具を配置。木部の黒と漆喰・障子の白に映えます。 施主のS様が段ボールで模型を手づくり!こだわりの我が家です。
■日進市 S様邸 自然品質を子どもにプレゼント 桧・杉に漆喰壁、本格素材の家 ■施主様からのコメント 自然素材が大好きで、建てるなら10年、20年後、時と共に味わいの増す無垢の木で“きちんと建ててくれる会社”を探し、イトウ技建さんにたどり着きました。1番のネックだった予算面でも「雨楽な家」なら大丈夫ということが分かり「やった〜!」って、家族で騒いだほどです。 S様邸の特徴は、インナーガレージと、地形を活かしてリビング・ダイニングを囲う様にした高床のウッドデッキ。外観は引き締まりを感じる黒のガルバリウムの外壁。施主様リクエストの白い窓枠と木の列柱が映えています。無垢の木の内装は、味わいを増す経年変化を楽しみに。無垢の木と漆喰の壁の調湿性で梅雨の時期も空気はさっぱり。朝、室内に干した洗濯物が夕方には乾ききっていると、S様も驚かれたそうです。「癒されているなぁ」と実感できる住まいになりました。
バイクや自転車をいじれるインナーガレージは土間ともつながる広々空間。子どもの遊び道具も収納。 夏の爽やかさ、冬の暖かさに驚き感動。子どもたちも元気に走りまわれます。 2階は勾配天井に、ロフトを設けて空間を最大限活用。収納もたっぷり設けました。 キッチンから階段を使う家族と「おはよ〜」と「おやすみ」が言えるのが楽しいそう。
■長久手市 N様邸 自然を愛する家族が選んだ素材・価格・クオリティーに納得の家 ■施主様からのコメント 地域では堅実な家づくりで評判がよかったことと、近くで建築中の家を見学させてもらい、木造の美しさと香り、コスト面や打合せの柔軟さ、地域密着という安心感で決めました。屋根に段差を付け窓を設置したり、高窓やキャットウォークなど色々な提案をしてもらい、どこにいても明るい家になりました。 N様邸の特徴は、1.5mの高低差のある敷地を高基礎でデザイン、段差に窓を設置した招き屋根を採用した外観デザイン。室内は大きく取った高窓からのあたたかい自然の光と風をたっぷり取り込んだ心地よい環境。純和風の要素を取り入れながら無垢の木と漆喰のやさしさを感じる内装になりました。趣味の登山用具をしまえるたっぷりの土間収納や、蔵書を一カ所にすっきりまとめられる造り付けの棚など、ご家族の暮らしをより楽しく、豊かにできる家になりました。に
障子に和の趣を感じる土間。奥には趣味の登山用具も一カ所に納められる一坪の土間収納。 吹き抜けのリビング・ダイニングに高窓から陽光と風がやさしく注がれます。 蔵書をまとめたコーナーの奥にはN様自作のロッククライミングの指を鍛える練習壁も。 廊下が暗くならない様にと、2階にキャットウォークを提案してもらい、大正解でした。」
■ 長久手市 Y様邸 迷うことなく選んだ「雨楽な家」。特別感のある無垢の木の住空間。 ■施主様からのコメント 姉がイトウ技建さんで建てた「雨楽な家」での暮らしを楽しんでいて、無垢の木の肌触り、漆喰壁の風合いが素敵で家づくりを考えた時は迷うことなくイトウ技建さんで、と考えました。育っていく子どもには本物の木の家をと考えていたので夢が叶って本当によかったです。 Y様邸の特徴は、北側が高い片流れの屋根と、しっかりとした骨太のカーポート。風の抜けが良い爽快感が味わえる住まいになりました。「無垢の木が受け止めてくれる感覚、包容力は何とも言えない良さがあります」とY様。居室はもちろん、こだわりの洗面室や脱衣室にもふんだんに無垢の木を使用。1階リビングの天井は光と風を通すスノコに。将来2階に部屋を増やすことも可能にしています。ロフトも設けて、趣味室や収納に。ご家族と共に成長する、将来が楽しみな木の家です。
吹き抜けは欲しいけれど2階の床面積がせまくなる。そこで光と風を通すスノコに。床を張り、壁をつくれば将来部屋をつくることが可能です。3階感覚の階段ロフトも便利。 土足での作業や工作もできるように、土間を広く。壁面に収納もたっぷり設けました。 家族と会話が弾む対面式のキッチン。DKの外側にウッドデッキをつくる予定も。
このページのTOPへ